ビットコインって誰かにあげたらどうなるの?

今年2018年になって仮想通貨が一般的に
認知されるようになってきましたね。

周りの友人でも始める子が急速に増えてきましたが、同時に利確(利益確定)をどうしたらいいか相談されることも増えてきました。

ビットコイン(BitCoin)とその他アルトコインを一緒くたに
考えてる人も多かったですが、最近はアルトコインでもリップル(XRP ripple) やリスク(LISK)は知名度が上がってきた様に思います。

ネム(XEM)なんかはWeChatのツールでウォレットが使えたりしますが、その点は中国当局による規制が大いに入っていきそうです。

仮想通貨全体としては、いよいよ各国が規制等の動きを見せ始めましたが、恐らく全体としては今後も成長が見込まれるでしょう。

現在チャートは下落傾向にありますので、買い増しタイミングと思ってる猛者もうようよいます。

やり始めると気になるのは利益について、ちょっと記載してみます。

利益確定とは

仮想通貨を円に戻した時に発生する利益の事、ただし現状では特定の仮想通貨から別の仮想通貨を購入した際も、そのタイミングで利益確定されるとなっています。

例えば、BTCでリップル(XRP)を買ったらその時点の円レートで利確されるという事。

BTC→JPY→XRP

利確して一番困るのはサラリーマンですかね。

年末調整から外れて確定申告するのはめんどくさいですし、雑収入なので(この辺りは別途)。所得税とそれから住民税にも影響してきますね。

ところでこの仮想通貨ですが、誰かにあげた場合はこちらに利益が発生しないそうです。(大阪の南税務署に聞きました)

ただしもらう側はその時のレートで、雑収入が発生します。

贈与税って年間110万円未満は非課税だそうですね。

そして、コインチェックは未成年でも開設出来ます(^^)

でも扶養とか外れると大変なので、欲張りすぎないようにしましょう(^^)

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

VB.NETは色々な意味でC#.NETよりも遅いよ

今更ながら蒸し返す様な投稿ですが、巷では
VB.NETとC#.NETは同じ.net上で展開されるので
処理速度は変わらないよーどっち使っても一緒だよ~

。。。というお話でしたが。。。

約30万行のVB.NETプロジェクトからC#.NETへ
移管が終了した今改めておもったのは

VB.NETやっぱり重いよ。。。

一番の問題はプログラム自体の構文解析に
C#よりもパワーが要るんでしょう。

言語自体曖昧な記述でも動くように親切(余計なおせっかい)設計なため、そのツケが構文解析に来てるんだと思います。

例1) 配列の記述と関数の記述が一緒
C# 配列 →[]  関数→()
VB 配列→() 関数→() 一緒

例2)関数なのかプロパティなのかわからん
C# 関数には必ず () が必要
VB 無くても合ってもいいやつ多数(ToString,Count,Trim)

だからこんなの来たらわからない場合も
VBの場合
SomeFunction(SomeArray())(0)
C#
SumeFunction(SumeArray[])[0]

VBで自作関数とか使ってて名前が適当だと全くわからん
Something(Something2())()
↑↓解釈したらこんなのかも
Sumething[Something2()][0]

そのおかげで、コンバートツール使ってもこのあたりは殆ど正常に解釈してくれません。。トホホ

Visualstudio等の統合開発環境はリアルタイムに構文解析を行って開発者にエラーなどをフィードバッグしてくれるのですが、同じプロジェクトなのにVBではPCのファンが回る回る、、、

新しい仕組みを入れるのでも、それまでの曖昧なルールが邪魔して、ナカナカC#のように進化するのは難しいでしょうね(もちろん別の意味のほうが大きい)

LINQなんかVBとC#を行き来してたら嫌になってしまう。

プリコンパイルの状態もILDSMというツールを使って見ることが出来るけど、VBはWithEventの影響でやたらプロパティを生成しまくってます。

結果、プロジェクトが大きくなればなるほどVBでの開発効率はヒジョーに悪くなります(断言)