MicrosoftSQLサーバー 復旧モデルに関して

SQLServerの復旧モデルに関しては運用と開発環境で分けるべき

開発環境では「単純」を選ぶ事でリソースの使用量を抑えることができる。
運用段階では「完全」を選ぶことで耐障害性を上げることが出来る。
いまどき数百MB程度のDBならどちらでもあまり関係ないが
数十GBレベルのデータベースになると、トランザクションログの肥大化が半端ない

コメントを残す